親鸞会法論惨敗の記録2〜飛雲より

アクセスカウンタ

zoom RSS O講師、「聖道権仮の方便」はしなくてもいいのですか?

<<   作成日時 : 2013/05/13 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

O講師のブログで、何か反論があるのかと期待していましたら、親鸞会邪説を一方的に書き出しました。親鸞会は、最近このパターンばかりです。O講師が、”破邪の闘士たれ”と会員を鼓舞していた時代は、過去のこととなりました。



「Kさん」と繰り返しO講師は書いていますが、「Kさん」とは除名講師のことを指していると思われます。しかし、以前にコメントをした「Kさん」は、一般会員だった方で、その「Kさん」のコメントに対してあることないことを延々と書いていたのですが、最近になって、また別の「Kさん」がコメントをしているというのが、事実です。数人の除名講師を徹底的に扱き下ろしたいために、内容も設定も支離滅裂となっています。



さて、O講師のブログに最近コメントをした「Kさん」が一昨日の記事に対してコメントした内容は次の通りだそうです。

方便についても、権仮方便と善巧方便の違いも知らないとは、不勉強も甚だしいです。
勧学の説とか、間の抜けたことを言う前に、本願寺の解説でも読んでみられては如何でしょう。
親鸞会は小学生並みの教学しかないことが少しは自覚できますか?



教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)』の補註



 方便とは、仏が衆生を救済するときに用いられるたくみな方法をいう。その中に真実と権仮とがある。真実の方便とは、仏の本意にかなって用いられる教化の方法で、随自意の法門をいう。それは、大智を全うじた大悲が巧みな方法便宜をもって衆生を済度されるというので、善巧方便ともいう。阿弥陀仏を方便法身というときの方便がそれである。
 権仮方便とは、未熟な機は直ちに仏の随自意真実の法門を受けとれないから、その機に応じて、仮に暫く誘引のために用いられる程度の低い教えをいう。機が熟すれば真実の法門に入らしめて、権仮の法門は還って廃せられる。このように暫く用いるが、後には還って廃するような随他意の法門を権仮方便という。「方便化身土」といわれるときの方便がそれである。
 親鸞聖人は四十八願の中で、往生の因を誓われた第十八願、第十九願、第二十願のうち第十八願のみが真実願であり、第十九願、第二十願は方便願であるとされた。第十八願は、他力回向の行信によって、真実報土の果を得しめられる真実願であり、第十九願は、自力諸行によって往生を願うものを、臨終に来迎して方便化土に往生せしめることを誓われたものであり、第二十願は、自力念仏によって往生を願うものを、方便化土に往生せしめることを誓われた方便願であるといわれるのである。そしてこの三願は、聖道門の機を浄土門に誘うために第十九願が、自力諸行の機を念仏の法門に導き、さらにその自力心を捨てしめて第十八願の他力念仏往生の法門に引き入れるために第二十願が誓われたとされている。



この程度の知識を最低限持っていなければ、親鸞聖人の御著書を読んでもチンプンカンプンでしょう。



『教行信証』信巻・別序の

真心を開闡することは、大聖(釈尊)矜哀の善巧より顕彰せり。

のお言葉は、まさに親鸞会の基本的な誤りを正されたものです。釈尊は善巧方便をもって真実信心を明らかにされたのであって、権仮方便をもってではありません。



『高僧和讃』善導讃

釈迦・弥陀は慈悲の父母
 種々に善巧方便し
 われらが無上の信心を
 発起せしめたまひけり

も、同様のことを仰っています。
『蓮如上人御一代記聞書』にも、

一 蓮如上人仰せられ候ふ。方便をわろしといふことはあるまじきなり。方便をもつて真実をあらはす廃立の義よくよくしるべし。弥陀・釈迦・善知識の善巧方便によりて、真実の信をばうることなるよし仰せられ候ふと[云々]。

とあります。揚げ足とりをしたがる人のために少し解説しておきますと、「方便をもつて真実をあらはす廃立の義よくよくしるべし」の「方便」は「廃立の義」ですから、捨てるべき権仮方便のことです。最後の文は文字通り、「善巧方便」のことです。「真実の信」は、「善巧方便によりて」うるのであって、「権仮方便によりて」ではありません。



以上のことをまとめて判りやすく言えば、親鸞聖人は18願1つで救われるのだと、繰り返し繰り返し教えられているのですが、絶対他力18願での往生をとても信じられない無宿善の機(未熟の機)がいますので、そんな機に対しては、権仮方便をもって18願での往生を願わせるところまで導かれるのです。親鸞聖人の教えを信じて、18願での往生を願う宿善の機に対しては、善巧方便をもって済度されるのです。



親鸞会では、自惚れ自惚れとうるさいのですが、18願だけでは不足だから19願・20願を加えなければならないと思うことを自惚れというのです。



この善巧方便を具体的に描かれたのが、『教行信証』信巻末にある阿闍世の物語です。一見すれば、略されてもよいように思われる部分までも、事細かに引文されています。実に『教行信証』全体の1割も費やされて、親鸞聖人は何を教えられたかったのでしょうか。それは衆生が善巧方便によって導かれることを示されると共に、五逆罪を犯した極悪人をも洩らさず、普く救いたもう本願であることを親鸞聖人が明らかにされるためであったのです。



釈尊は阿闍世に対して、権仮方便をもって導かれたのではありません。高森会長は『教行信証』を読んだことがないから、内容を知らないのでしょうが、そんな無知な人物の妄想に付き合う必要はありません。



権仮方便については



『浄土和讃』「大経讃」には、

聖道権仮の方便に
 衆生ひさしくとどまりて
 諸有に流転の身とぞなる
 悲願の一乗帰命せよ

とあります。Oさんの説によれば、方便である聖道仏教もしなければなりませんね。

これと、昨日書きました



『観経』も『観経疏』も読んだことが無いのに、知ったか振り



と同じ内容のコメントの2つによって、O講師は「Kさん」に対する反論を止めてしまったようです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
O講師、「聖道権仮の方便」はしなくてもいいのですか? 親鸞会法論惨敗の記録2〜飛雲より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる