親鸞会法論惨敗の記録2〜飛雲より

アクセスカウンタ

zoom RSS 報土往生・化土往生・必堕無間と二種深信との関係

<<   作成日時 : 2013/05/13 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

法然上人は「念仏往生義」で

善根無ければ、此の念仏を修して、無上の功徳を、得んとす。余の善根、多くば、例え念仏せずとも、頼む方も、有るべし。然れば善導は、我が身をば、善根薄少なりと信じて、本願を頼み、念仏をせよと、勧め給ヘリ。経に、一度名号を、称えるに、大利を得とす。又即ち、無上の功徳を得と、とけり。いかに況や、念々相続せんをや。然れば善根無ければとて、念仏往生を、疑うべからず。

と教えておられます。



これまで善をしてこなかったならば、念仏して、この上ない功徳を得るべきです。それに対して、善を沢山してきた人々は、たとえ念仏しなくても極楽浄土へ往生できると、自力の善根をあてにしてしまうものなのです。
だから善導大師は『往生礼讚』にて、「自分はこれまで善根をわずかしか積んでこなかった者であると信じて、阿弥陀仏の本願を信じて念仏しなさい」と勧められています。
『大無量寿経』には、「一回阿弥陀仏の名号を称えたならば、無上の功徳を得る」と説かれています。まして、念仏を相続することは言うまでもないことです。
だから、これまで善根を積んでこなかったからといって、念仏した者が浄土往生できることを疑ってはなりません。



ということですが、親鸞会では逆です。これまで善をしてこなかった宿善の薄い者は、今生で宿善が厚くなるように善に努めなければならないと教えます。一方で、念仏を称えよと教えることはありません。



前回、法然上人の「極悪最下の人のために極善最上の法を説く」という御言葉を紹介しましたが、善根のない「極悪最下の人」に対して今さら善を勧められる訳がないです。勧められているのは「極善最上の法」である念仏だけです。経典・善知識方の御著書を全く読んだことがないから、超低レベルの間違いをするのです。



『玄義分』には

しかるに諸仏の大悲は苦あるひとにおいてす、心ひとへに常没の衆生を愍念したまふ。ここをもつて勧めて浄土に帰せしむ。また水に溺れたる人のごときは、すみやかにすべからくひとへに救ふべし、岸上のひと、なんぞ済ふを用ゐるをなさん。

とありますが、善ができずに自分の力では決して出離のできない「極悪最下の人」に、「極善最上の法」たる念仏によって往生させて頂くのが浄土門の教えです。諸善と念仏との違いが判らない親鸞会では、念仏称えたくらいで化土往生できるものではない、ととんでもないことを言っていますが、聖道門と同じ非難をしていることに気が付いていない愚か者集団です。万善万徳の備わった名号ということさえも知らないのでしょうか。



ここで重要なことは、『観無量寿経』に説かれる「三心」を具した念仏かどうかで、報土往生か化土往生かに分れるのです。「三心」とは、「至誠心」・「深心」・「回向発願心」のことです。「深心」とは、「深信」のことであり、二種深信であり、これを開けば七深信になります。何度も述べてきた通りです。



存覚上人は『六要鈔』の中で二種深信を

次に深心を釈する中に、「二者」等とは、これ経文を牒す。「深」等というは、能信の相を明かす。「亦有」等とは、所信の事を顕かす。これ則ち機法二種の信心なり。「無有」等とは、正しく有善・無善を論ぜず、自の功を仮らず、出離は偏に他力に在ることを明かす。聖道の諸教は盛んに生仏一如の理を談ず。今の教は自力の功なきことを知るに依りて、偏に仏力に帰す。これに依りて、この信は殊に最要なり。「無疑」等とは、「若不生者不取正覚」、正覚既に成ず、故に無疑という。「即得往生住不退転」一念誤ることなし、故に無慮という。

と解説されています。
機の深信は、善の有無に関係なく、自分の力では出離できない(自力無功)
法の深信は、阿弥陀仏のお力によってのみ出離できる(他力全託)
なのです。
これに異議を唱えたO講師とそのバックにいる高森会長は、二種深信ではないから、異安心と申したのですが、いつまで経っても全く反論してこないのです。聖教に基づいての批判には、とことん弱いのが高森会長であり、親鸞会です。大沼法竜師の味わいが、正しい解釈と本気で思っていたので、絶句しているのでしょう。激しく動揺しているのか、あるいは詭弁を教学課と検討中なのかもしれません。



二種深信ではない、「深心」の欠けた自力の信心で念仏を称えている人は、報土往生はできませんが、阿弥陀仏の御慈悲によって化土往生になるのです。
それが『末灯鈔』

仏恩のふかきことは、懈慢・辺地に往生し、疑城・胎宮に往生するだにも、弥陀の御ちかひのなかに、第十九・第二十の願の御あはれみにてこそ、不可思議のたのしみにあふことにて候へ。仏恩のふかきこと、そのきはもなし。

の御言葉です。
しかし、異安心で、かつ念仏を誹謗している高森会長や講師部員は、化土往生はできません。残念ながら必堕無間と教えられています。



報土往生・化土往生・必堕無間と二種深信との関係についてまとめましたが、何処にも矛盾がありません。これでもなお矛盾と思えるならば、それは信仰の問題ではなく知能の問題です。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
報土往生・化土往生・必堕無間と二種深信との関係 親鸞会法論惨敗の記録2〜飛雲より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる